http から https への移行

/etc/mailman/mm_cfg.pyではなくて、/usr/lib/mailman/Mailman/Default.pyを

次のように編集するともに、withlistコマンドを実行したら、サイトに反映されました。

 /usr/lib/mailman/Mailman/Default.pyの81行目辺りを編集

 DEFAULT_EMAIL_HOST = ‘localhost.localdomain’
 DEFAULT_URL_HOST = ‘localhost.localdomain’
 #DEFAULT_URL_PATTERN = ‘http://%s/mailman/’
 DEFAULT_URL_PATTERN = ‘https://%s/mailman/’

 そして、以下のコマンドを実行。

/usr/lib/mailman/bin/withlist -l -a -r fix_url

[参考]
日々改善 自宅サーバの構築(Mailmanの設定)
wikee.blog69.fc2.com/blog-entry-77.html

spamassin 自動更新について

spamassassinの定義ファイルについて、いろんなサイトで紹介されていた user_prefs
の最新版のアドレスがどうやら無効になっているようなので、別の方法を確認した

いろんなサイトでは、こっち。
wget -qN www.flcl.org/~yoh/user_prefs

2018年10月現在は、 sa-update で対応できるみたい

SpamAssassinルールファイル自動更新(sa-update) – ttkzw’s site

SpamAssassinルールファイル自動更新(sa-update)

以下内容:

SpamAssassinルールファイル自動更新(sa-update)
日本向けルールファイル
当サイトではsa-update用のルールの配布を試験的に行っています。
公開鍵の登録
公開鍵の情報は以下の通りです。鍵サーバからも取得できます。
$ gpg –fingerprint taki@emaillab.jp
pub 1024D/22B8A63A 2010-08-15 [満了: 2020-08-12]
指紋 = C72A 0457 2FA4 0973 21A0 2750 6C19 647E 22B8 A63A
uid Takashi Takizawa
sub 2048g/D22D0E33 2010-08-15 [満了: 2020-08-12]
次の手順で公開鍵をインポートします。
# wget spamassassin.emaillab.jp/updates/GPG.KEY
# sa-update –import GPG.KEY
更新方法
次のようにsa-updateを実行してください。
# sa-update –channel spamassassin.emaillab.jp –gpgkey 22B8A63A
なお、インポートした公開鍵の信用レベルを絶対的に信頼するように変更すればgpgkeyオプションは不要になりますが、各自ご判断ください。
spamdを利用しているときは、spamdを再起動させます。
# service spamassassin restart
更新がうまくいったら、定期的に実行するようにcrontabに登録してください。
メインサイドバー
PAGESABOUT
SpamAssassinルールファイル自動更新(sa-update)
日本向けルールファイル
当サイトではsa-update用のルールの配布を試験的に行っています。
公開鍵の登録
公開鍵の情報は以下の通りです。鍵サーバからも取得できます。
$ gpg –fingerprint taki@emaillab.jp
pub 1024D/22B8A63A 2010-08-15 [満了: 2020-08-12]
指紋 = C72A 0457 2FA4 0973 21A0 2750 6C19 647E 22B8 A63A
uid Takashi Takizawa
sub 2048g/D22D0E33 2010-08-15 [満了: 2020-08-12]
次の手順で公開鍵をインポートします。
# wget spamassassin.emaillab.jp/updates/GPG.KEY
# sa-update –import GPG.KEY
更新方法
次のようにsa-updateを実行してください。
# sa-update –channel spamassassin.emaillab.jp –gpgkey 22B8A63A
なお、インポートした公開鍵の信用レベルを絶対的に信頼するように変更すればgpgkeyオプションは不要になりますが、各自ご判断ください。
spamdを利用しているときは、spamdを再起動させます。
# service spamassassin restart
更新がうまくいったら、定期的に実行するようにcrontabに登録してください。

mailman のまとめ読み配送でエラー

mailmanのまとめ読みの配信エラー周り。

[misono@newly /var]# ls
account cache db games kerberos local log nis preserve
spool www
adm crash empty gopher lib lock mail opt run tmp
yp
[misono@newly /var]# cd log
[misono@newly log]# cd mailman
[misono@newly mailman]# cat error
Oct 23 18:50:20 2018 (12180) send_digests() failed:
‘iso2022_jp’ codec can’t encode character u’\u946b’ in position 42798:
illegal multibyte sequence
Oct 23 18:50:20 2018 (12180) Traceback (most recent call last):
File “/usr/lib/mailman/Mailman/Handlers/ToDigest.py”, line 98, in process
send_digests(mlist, mboxfp)
File “/usr/lib/mailman/Mailman/Handlers/ToDigest.py”, line 146, in
send_digests
send_i18n_digests(mlist, mboxfp)
File “/usr/lib/mailman/Mailman/Handlers/ToDigest.py”, line 414, in
send_i18n_digests
rfc1153msg.set_payload(plainmsg.getvalue(), lcset)
File “/usr/lib64/python2.7/email/message.py”, line 226, in set_payload
self.set_charset(charset)
File “/usr/lib64/python2.7/email/message.py”, line 264, in set_charset
self._payload = charset.body_encode(self._payload)
File “/usr/lib64/python2.7/email/charset.py”, line 390, in body_encode
s = self.convert(s)
File “/usr/lib64/python2.7/email/charset.py”, line 273, in convert
return unicode(s, self.input_codec).encode(self.output_codec)
UnicodeEncodeError: ‘iso2022_jp’ codec can’t encode character u’\u946b’
in position 42798: illegal multibyte sequence

とりあえずウェブで見つけた回避方法。

List: ***: problem processing /var/lib/mailman/lists/***/digest.mbox:
‘iso2022_jp’ codec can’t encode character u’\xe3′ in position 4653:
illegal multibyte sequence

同じ環境なのに片方のサーバーからだけ出てくるので、ちょっと謎です。とりあえず、機種依存文字を使うなと告知しても「機種依存文字とはなんぞや」から説明しないといけないので、プログラム側の修正をしました。

vi /usr/lib64/python2.7/email/charset.py

def convert(self, s):
“””Convert a string from the input_codec to the output_codec.”””
if self.input_codec != self.output_codec:
# return unicode(s, self.input_codec).encode(self.output_codec)
return unicode(s,
self.input_codec,’replace’).encode(self.output_codec,’replace’)
else:
return s

機種依存文字は ? に置換されると思いますが、この方法で良かったかな。

Youtubeの繰り返し再生(リピート再生)の方法

Youtubeの公式の方法だと、動画の部分を右クリックして「ループ」にチェックを入れるとリピート再生ができるってことらしいんだけど、この右クリックがスクリーンリーダーではできなさそう。

調べてみると、 Youtube のリピート再生に対応したサイトがあった。

www.youtube.com のアドレスの youtube と .com の間に repeat
を挿入してアドレスを開くと、繰り返し再生が出来た。

通常の再生の URL:

リピート再生の URL:

リピート再生の URL:
www.youtuberepeat.com/watch?v=_UR-l3QI2nE

以下 20181121 追記

上記の方法だと著作権情報が含まれる動画については対応していないことがわかった。

そこで、

YouTube 埋め込みプレーヤーとプレーヤーのパラメータ  |  YouTube IFrame Player API  |  Google Developers
developers.google.com/youtube/player_parameters?hl=ja

を調べてみると、 loop=1 を指定すればよさそう。
たとえば、

とすれば、ループ再生となる。

テーマ1:見えないってどういうこと? ケージーエスのフェース ブックページ

ケージーエスのフェースブックページは頻繁に更新されていて、視覚障害者からみてなかなか素晴らしい情報を掲載されていると感じています。

こういった理解を通じて、ケージーエス社員は、視覚障害者に対する理解を深めて、いつもフレンドリーに応対できる人材を育ててて居るんですね。

今回の情報を転載します。

【仲田の「アレコレみんなに聞いてみよう!」】
テーマ1:見えないってどういうこと?
~第3回 歩行訓練はどのくらいやるの?~
入社して間もない仲田が、疑問に思うことを会社の方やお客様に質問して、見えない/見づらい方々のことを勉強していく、本コーナー。

前回は、道を覚えるときはどうやって覚えているのか、当事者でもあり一緒にケージーエスで働いている坂本さんにインタビューしました。

ーー歩行訓練はどのくらいやりましたか?
坂本さん:私は基本的に学校での歩行訓練でした。小学生の時に自分の家から通うようにしていた気がします。中学生までには確実に通えるように訓練していました。そのときは家から学校まで歩いて20分~30分くらいだったかなと思います。

高校は大学附属だったので、交通機関を一人で利用し、少なくともお迎えが来てくれるところまでは一人で通えるように訓練しました。

前回、道を覚えるときは頭の中に地図を作るようにしているといいましたが、それは別に教えてもらったとかではなく、歩いているうち頭の中に地図を作るようになっていました。

あと、エコーロケーションという感覚?があって、まずは白杖で電柱があることを確認し避けますが、そういうことをしなくても電柱があると音の反響が変わるので避けられたりします。その為、音を立てながら歩く方もいるのかなと思っています。だんだん年をとって能力が落ちてしまいぶつかることもありますが・・・。私もそうなってきている気がします・・・。

頭の中で地図を作ってはいますが、目的の場所までの途中に何があるかは意外と知らなくて、堀に落ちてしまったこともあります。

ーー初めて行く場所とかはどうしているのですか?
坂本さん:最近はスマートフォンのマップ機能を利用して、歩くときわかりやすくなりましたが、GPS機能では入り口までは案内してはくれないので、あと一歩のところでいつも戸惑います。

今回坂本さんにお聞きし、音の反響を利用して障害物があるかどうかを判断し、避けるというエコーロケーションという感覚にとても驚きました。

スマートフォンのマップ機能は晴眼者でも、裏口の方についてしまったりして迷ったりするので、視覚障害者の方は余計大変だなと思いました。

次回は、便利な道具について坂本さんにお聞きします。
営業課 仲田

以上ですが、興味のある方は
ぜひフェースブックのケージエスページに
いいねを付けて、購読してみてください。

下記はフェースブックページへのリンクです。

【仲田の「アレコレみんなに聞いてみよう!」】テーマ1:見えないってどういうこと?~第7回 歩行訓練はどのくらいやるの?~…

ケージーエス株式会社さんの投稿 2018年10月1日月曜日

Python3 cgi UnicodeEncodeError: ‘ascii’ codec can’t encode character

現象

test.py

#!/usr/bin/python3
# -*- coding: utf-8 -*-

print(“Content-Type: text/html; charset=utf-8\n”)
print(“test あ”)

上記 UTF-8 + 改行コード LF で保存。

実行すると…ログに

UnicodeEncodeError: ‘ascii’ codec can’t encode character

解決方法

confあるいは htaccess に

SetEnv PYTHONIOENCODING utf-8

を追加する。

ちなみに

print(“Content-Type: text/html; charset=utf-8\n”)

の \n も曲者で入ってないと実行してくれない。
さらに改行コードを LF にしてないと cgi が走らない。

最後に実行権限を chmod 755 などにしておかないと、同じエラーが出るので要注意。

Python3のcgiスクリプトで、2バイト文字が使えなくてハマった話 on RaspberryPi3
qiita.com/Kitaji_1213/items/570a2c7e4968ec2a1e36

キンドル本を誰かにプレゼントしたい

日本のアマゾン・キンドルストアでの電子書籍は誰かにプレゼントしたいと思っても対応してないらしい。そこで代替えの方法として

方法1:Amazonギフト券
方法2:Kindle本シェアする

参考: jp.epubor.com/guide/kindle%E6%9C%AC%E3%82%92%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95/

方法1はキンドル本の同額をギフト券としてプレゼントする、方法2はDRM解除する。DRM解除は法的にはグレーゾーンのような気がする。

あと、共通の趣味仲間やグループ内で一つのアマゾンアカウントを作成して、作成したアカウント内でグループ内の誰かが購入してグループ内の仲間にシェアする方法もある。ただ、この場合だと自分自身のアカウントで紐付けられたアカウントのキンドルアプリからサインアウトしてから、グループで作成したアカウントに切り替えてあげないといけない気がする。面倒。なので、安全かつ確実なのはギフト券を提供する方法なのかな。

参考: jp.epubor.com/guide/share-kindle-ebooks-with-friends/

僕の本の欲しいものリストはここ → www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/2I53EAO5QFBEX?&sort=default

銀行業務の4割はAIに? セブン銀行とMUFGのAI戦略

最近、僕はコンピューター関係では、AI(人工知能)に関する勉強をしています。
AI研究で著名な東大の松尾研究室が無料で教材を提供してくれていると、
微生物学研究(バイオテクノ)の友人から情報を入手したので、
家ではこの教材を使って勉強を始めました。

僕の仕事もいずれAIに置き換わってくれたらうれしいなあと思っています。
そんな時代が到来したら、僕はAIを作る側の仕事をするかな。

セブン銀行がAIで情報収集を自動化 – Google 検索
www.google.co.jp/search?q=%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E9%8A%80%E8%A1%8C%E3%81%8C%EF%BC%A1%EF%BC%A9%E3%81%A7%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8F%8E%E9%9B%86%E3%82%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E5%8C%96&oq=%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E9%8A%80%E8%A1%8C%E3%81%8C%EF%BC%A1%EF%BC%A9%E3%81%A7%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8F%8E%E9%9B%86%E3%82%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E5%8C%96&aqs=chrome..69i57.199j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8

 本文以上です

 社会福祉法人千葉県視覚障害者福祉協会 情報支援課
                 Chiba Blind Welfare Association
                    ICT Project Reader
                    御園 政光(Masamitsu Misono)
            E-mail  misono@newly.jp
            TEL     043-424-2546
            FAX     043-424-2486

           視覚障害者総合支援センターちば
           〒284-0005  千葉県四街道市四街道1-9-3
           URL:        www.tisikyo.jp

(慶應義塾大学 自然科学研究教育センター協同研究員兼任)

サピエの音声デイジーは1週間で300タイトル弱も上がってるんですね

サピエ関連の調査をしているのですが、サピエのページを開き、
音声デイジー新着管制情報を開くと、6月22日から今日までに
284件もの図書が上がっていました。
ほとんどが全国のボランティアの手で製作されている図書ですが、
頭が下がります。

いわゆる「図書館」としての機能はだいぶ網羅できているんじゃないかと思いました。

いや、まだまだ無い本は沢山ありますよという声も聞こえますが、一般の図書館でも
読みたい本が見つからないこと多いです。まだまだサピエも物足りないとは思いますが、
こだわらなければ、拾い読みはいくらでもできそうです。

カセットテープと点字本で、盲学校の図書室の本を、手当たり次第
左から順番に借りて来て読んでいた時代とは違いますね。
25年ほど前のことです。

僕が読みたい本は、なぜかサピエには無いことが多く、サピエ難民になっているため、
キンドルという電子書籍サービスで本を購入して読んでいます。
いわば、書店で本を購入するのと同じです。[hiroba] サピエの音声デイジーは1週間で300タイトル弱も上がってるんですね
e

視覚障害者のための自動点訳サーバーを組み込んだ画面読み上げソフトの開発(文科省「科学研究費助成事業(科研費)」)について

前年度、表題の「視覚障害者のための自動点訳サーバーを組み込んだ画面読み上げソフトの開発」を行ってまいりました。課題番号は 17H00424 です。

研究成果については、こちらのIT担当者ブログにおいても字随時全国的に公開してまいります。

文科省の報告によれば、平成29年度の奨励研究の採択率は18.0%。以下、文化賞の報告書から引用。

ここから。

応募件数は4,065件(前年度4,083件)、採択件数は732件(同737件)であり、前年度より応募・採択件数ともほぼ同様であり、採択率は18.0%(同18.1%)となっている。本研究は、教育的・社会的意義を有する研究を助成し奨励することを目的とするもので、対象分野は、人文学、社会科学及び自然科学の全分野を対象としている。

ここまで文化賞の引用。

そのなかでも、社会福祉法人で科研費の採択を受けられたのは、ごくわずかと思われます。

これからも、視覚障害当事者による視覚障害者のための研究・開発を続けて参ります。

参考

科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)は、人文・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、ピア・レビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。