WordPressで書いた記事をFacebookのウォールに投稿

Facebook公式プラグインの「Social Publisher 」機能で

表題で示したWordpress記事投稿と同時にFacebookウォールができそうだと

半日格闘してみた。

 

結論は無理。

 

2015年1月現在、Facebookのセキュリティが大変厳しく、この方法で

通過させるには Facebook へ申請をしないといけないとのこと。

 

Facebookページへの投稿は「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」などのプラグインで可能。

 

それで、最後の最後まで気が進まなかったのだけれど「Jetpack」を入れて、

テスト投稿してみた。

 

Jetpackは文字通り多くのサービスが一つにパッケージされていて

初心者にはいいのだろうけれど、一度設定を間違えたり、

動作が不安定な場合の設定変更については融通が利かず不便だ。

 

あれやこれやといじってみて、改めて

「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」

にもどってきた。

 

Facebookのウォール(近況、タイムライン)にWordpressの記事を

反映させたい場合は、以下の僕が設定した内容を参考にしてみるとよい。

 

 
Facebook
Auto-publish to Facebook (misono)    [Hide Settings]   [Remove Account]
Detailed Facebook Installation/Configuration Instructions
Please use in your Facebook App:
URL: 043.jp
Domain: 043.jp
Account Nickname: Just so you can easily identify it
misono
Account Info
Advanced
Facebook URL:
Could be your Facebook Profile, Facebook Page, Facebook Group
www.facebook.com/masamitsu.misono

Facebook App ID:
329614830582113
Facebook App Secret:
secret code

Message text Format: (Show format info)
New post (%TITLE%) has been published on %SITENAME%

Post Type:<– (What’s the difference?)
Text Post – just text message
Image Post – big image with text message
Upload Images to:    App Album .. or ..   Timeline <– (What’s the difference?)
Text Post with “attached” link
Link attachment type:    Share a link to your blogpost .. or ..   Attach your blogpost <– (What’s the difference?)
If post has video use it as an attachment thumbnail. Video will be used for an attachment thumbnail instead of featured image. Only Youtube is supported at this time.
Let Facebook fill the link info – Recommended. Facebook will automatically take attached/shared link info from OG: tags or other sources.
Attachment Text Format:
Auto – Recommended. Info from SEO Plugins will be used, then post excerpt, then post text
Facebook Page ID: Profile –  masamitsu.misono
Your Facebook Account has been authorized. User ID: 781920665221521 – Masamitsu Misono.
You can Re- Authorize Your Facebook Account

Test your settings:    Submit Test Post to Facebook

Update Settings
Export Settings Import Settings
Update Settings

WordPress のご利用ありがとうございます。
バージョン 4.1

視覚障害者に使用できる将棋ソフト情報(2014年版)

視覚障害者に使用できる将棋ソフト情報(2014年版)

WindowsML(http://j7p.net/ml/windows/) から取得した情報まとめ。

なお、これをまとめている私自身は将棋の知識がありません。

・柿木将棋(柿の木将棋,カキノキショウギ)が PC-Talker 等のスクリーンリーダー(画面読み上げソフト)で使用できるらしい。
・柿木将棋で盤上の駒の移動はカーソルキーで可能だが、音声読み上げには対応していない。
・柿木将棋で使用する場合、駒情報や先手情報などを直接文字入力(数字入力)することで操作可能。参考情報は以下よりテキストファイルとして参照できる。なお、柿木将棋を視覚障害(スクリーンリーダー使用)で利用しているユーザーから作成。
柿木将棋Ver8の文字列による指し手について
www.h6.dion.ne.jp/~camaisan/kakinoki_sashite.txt
・柿木将棋で上記キー入力(指し手入力)を行うには [Shift] + [Enter] でキー入力ダイアログを出して行う。持ち駒も打つときにも利用可能。
・ホームキーは、55の地点に行くキーとのこと。
・持ち駒は、テンキーでない数字のキーを使用するとのこと。アルファベットキーの上にある数字キーを使用。コントロールキー+1が、歩で、2が、香車という感じ。
・歩を打つときは、コントロールキー+1を押し、エンターキーで決定し、その後、打ちたい場所に、カーソルキーを持って行き、エンターキーで実行。

・Youtube 視覚障害者のための「将棋・囲碁」の情報コーナー

以下は、 WindowsML において亀井氏による情報提供。亀井氏のHP ↓
・念花慎萌のホームページにようこそ!
www.h6.dion.ne.jp/~camaisan/

視覚障害者が楽しめる将棋・囲碁ソフト(2012年5月現在)。
キーボード操作、且つ、指し手・打ち手の読み上げにより可能なソフト。
もちろん、前提として、工夫が要ります。ご了承ください。

*将棋ソフト*
柿木将棋ver8
※2014年11月時点 柿木将棋 IX ver9 でも動作確認済み
東大将棋ver8(現在、休止状態)
新・東大将棋 無双ver2
*補足*
銀星将棋の機能限定版に於いて、キーボード操作ができなかったので、
銀星将棋は、キーボード操作ができないと判断しました。

*将棋棋譜の棋譜解析(テキストデーター出力)*
柿木将棋ver8

*囲碁ソフト*
世界最強銀星囲碁12

*囲碁棋譜の棋譜解析(テキストデーター出力)*
私が調べた範囲に於いて、存在しませんでした。

*付記*
指し手・打ち手を間違えたときは、
「待った」機能を利用してください。

上記ソフトは、四段以上の棋力がありますので、
ソフトを師匠にして、実力を付けていくことも出来ると思います。
ソフトのレベルを最強にして、駒落ち、置き石にて、
挑戦するのも、面白いでしょう。
もちろん、ソフトのレベルを下げても戦えますが。

昨日の夜に、WEB検索にて、もっと詳細に観てきました。

東大将棋は、一時、棋譜解析機能はなくなってしまったようですが、
また、棋譜解析機能が復活したようです。
劇指は、一番定評がある棋譜解析ソフトのようです。
共に、昔は、クリップボードへの出力はなかったんですが、
どうも、WEB上の報告によると、出来るようでした。にこにこ
もちろん、開発元への質問をしております。

でも、序盤、初中盤に於いては、そこそこであり、
威力を発揮するのは、中終盤、終盤のようです。
総合的に観て、参考程度の域を、まだ超えていないようです。
でも、初段当たりのヒトには、有益になるでしょうね。

総合的に観ると、対戦以外のツール等を包含すると、
柿木将棋は、やはりすごいなと感じました。

対戦と棋譜解析重視の方は、
劇指がよいように感じました。
でも、キーボード操作で駒が指せるのかは分かりませんが。

東大将棋も、頭の中で、
駒の配列が出来ないと、少し難しいところがあるかも知れません。
盤面のクリップボードへの出力機能が在れば、安心ですが。
昔のバージョンでは、保存して、それを見るという、面倒な作業になっています。
劇指が、もしキーボード操作で使用可能としても、
上記の問題はあります。
同じメーカーですから。苦笑
目隠し将棋機能が、両方のソフトにあったと思うから、
キーボード操作は可能だと思っています。詳しくは、開発元に聞いてね。
もしかすると、目隠し将棋の時には、
音声認識機能を利用して指すのかも知れません。
確実に出来るなら、これもありがたい機能ですね。
待ったが利用できるなら、まぁ、大丈夫でしょう。

囲碁ソフトにしろ、将棋ソフトにしろ、
これからは、棋譜解析機能の充実は、
必須事項だと思います。
私も、これを利用して、少し棋力がアップしたような気がします。

メールの返信が、上記と異なるときは、また、メールします。
同じ時は、メールしないかも知れません。

OS X Lion ボイスオーバー 関連のインプレ

ここにも書き残しておきます。

出ましたね。早速インストールしました。

日本語のぼいすオーバーに関しては標準で「キョーコ」という音声が搭載されて
ます。これはiPhoneの日本語音声と同じものです。音声も読み方も、ごっそり
iPhoneのものを持ってきたという印象です。

ボイスオーバー・ユーティリティからダウンロードできる日本語音声は同じキ
ョーコさんの高音質版です。なので標準で搭載できる日本語音声は音色は一種類、
種類は2種類ということになるでしょうか。高音質のキョーコさんは、肉声に近
い音色をもっています。日本語ボイスオーバ環境が飛躍的に安定しレパードまで
のDTalkerのときのちょくちょく音声が落ちるといった状態はなくなりました。
しかし、漢字の詳細読みはできません。これは前にも述べたとおり今後を待つこ
とになるでしょうか。

漢字や英語の読み下しはiPhone並です。これは残念です。

特に漢字は読み上げが対応していないと漢字コードを読んでしまったりします。
ボイスオーバ・ユーティリティから読み方を登録できるので少しずつ自分で改善
できたりするのかな。一括して登録できたりすると良いのでしょうけど、まだそ
こまでわかりません。

英語や漢字の読み下しは断然、現状はDTalkerとなります。

DTalkerですがLionに対応したアップデータが公開されています。こちらも適用
してみましたが、ドックでの操作で不安定になる以外は、今のところは前よりも
安定動作していますね!
しかもLionで漢字の変換ウインドウの候補リストをボイスオーバ・コマンドで安
定して詳細読みできるようになっているので、かなり実用的になったと思います。
もう少し安定性が向上すれば、ほんとに助かります。DTalker Ver4とかで新たに
購入してもよいので次のアップデートでさらによくなってもらえるとありがたい
なと思っています。ちょっと今回気がついたのですが、DTalkerの音声出力ボリ
ュームが標準搭載されているボイスオーバよりも大きいですね。もしかしたら、
不安定の原因の一つは、音声出力ボリュームが高すぎるとスピーチ・マネージャ
が音声を切ってしまうということはないでしょうか・・・。実際ボイスオーバ・
サウンドなどではそういった自動的な音量カットが行われることがあるように思
います。

そのほかボイスオーバ本体についてですが、ボイスオーバ・アクティビティが機
能的に優れているなと感じたこと、ボイスオーバによるドラッグ&ドロップがひ
じょうにやりやすくなったこと。ドックのD&Dも簡単にできるようになり便利で
す。
Lionで追加されたLaunchpadはiPadと同じ感覚でMacを操作できていいですねトラ
ックパッドと組み合わせるとそれこそiPadです。あとMailはユーザ・インタフェ
イスが刷新されています。ボイスオーバで慣れるまでちょっと工夫が必要かも。

C# VB などのアプリにルートCAのデジタル署名を付ける signtoolによる署名

デジタル署名のためのメモ

VB.NET C# ほか

Verisignなどのルート証明機関からのデジタル署名を行う場合に関して、
Visual StudioにおけるNETアプリケーションによるIDE(統合環境)の開発では、
ClickOnceで発行する場合は、ソリューションエクスプローラで右クリックでプロパティを表示し、
署名タブで必要な手続きを行う。方法に関してはCFのとおり。

CF.
・ClickOnce マニフェストの署名
msdn.microsoft.com/ja-jp/library/zfz60ccf(v=VS.90).aspx
・方法 アプリケーション マニフェストおよび配置マニフェストに署名する
msdn.microsoft.com/ja-jp/library/che5h906(v=VS.90).aspx

しかしClickOnceを使用しないでWindows InstallarでMSI形式でセットアップパッケージを配布したい場合には、上述は無理。この場合は自分でビルド後のイベントを追加する必要がある。コマンドラインからsigntoolを使うことになる。

CF.
・方法 Signtool_exe をビルド後のイベントとして起動する (デバイス)
msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms180786(VS.80).aspx

コマンドラインの内容は下記のようになる。framework環境なので、若干、マクロを駆使しなければならない。

“$(FrameworkSDKDir)binsigntool” sign /f “” /p “” /t “http://timestamp.verisign.com/scripts/timestamp.dll” “$(TargetPath)”

ついでにコマンドラインオプションを説明すると、
-f ルートCAからのPFX
-p パスワード
-t タイムスタンプをつける場合タイムスタンプサーバーURLを記述

こんな感じ。

Sandcastle が VS2010 で使えるようになった

まだ日本のサイトではどこもアナウンスしていなかったようなので一応お知らせまで。

SandcastleがVS2010(Visual Studio 2010)に暫定対応したようです。
Sandcastle-June 2010 Release (Version 2.6.1062.1)

Sandcastle-June 2010 Release (Version 2.6.1062.1)
sandcastle.codeplex.com/releases/view/47665

またGUIベースでsandcastleドキュメントの生成を行う「Sandcastle Help File Builder」も、この時期ちょくちょくアップグレードされています。
shfb.codeplex.com/releases/view/40105

それぞれ最新のパッチを当てることでVS2010でのXMLスキーマで使えるようになります。

C++/CLIでのXMLを、上記の構成でビルドしてみたところ、適切にCHMまで変換されています。
これでVS2010への開発移行が安心してできそうですね。

仕様書もたくさん書かなければならない昨今プログラマの人たちに朗報です。

「ググレカスと言うがググって分かる問題ならお前に尋ねる前にググってるよGoogle以上にお前を信頼してんだよ言わせんな恥ずかしい」というフレーズ

「ググレカスと言うがググって分かる問題ならお前に尋ねる前にググってるよGoogle以上にお前を信頼してんだよ言わせんな恥ずかしい」というフレーズ

・「ググレカスと言うがググって分かる問題ならお前に尋ねる前にググってるよGoogle以上にお前を信頼してんだよ言わせんな恥ずかしい」というフレーズが流行っているらしい 【▲→川俣晶の縁側→辛口甘口雑記】
http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20100705101308 からの引用。

> ?ネットの限界を超えようとしている。限界に実際に遭遇しているからである
> ?ネットには限界は存在しないと思っているが証明したことはない
>  つまり、一種のネット完全性幻想です。

知識のある人間に聞け! or 知識のあるgoogleせんせに聞け!
ってところじゃないの。

内容や分野によってはgoogleせんせはとても取り散らかった情報しか持ち合わせていないことがあって、その場合はとっちらかった資源を自分で整理して、今必要としている情報を整理する必要が生じる。一方、内容や分野によっては知識のある人間は、それを系統的に整理して記憶ベースで以ていたり、知識の提供の仕方のテクニックを持っていたりもする。googleせんせは知識をどのように情報として提供するかについてまでは、現状は、情報探索者の固有の識別によってフレキシブルに提供してくれていない。まあ僕自身がそのような機能を知らないだけなのかもしれないけれど、機能があることに対して知らないということ事態がオブジェクトとしては抽象化されていて実態をつかみにくいということになる。まあ、機能面の検索エンジンの課題は知識のある人間でも同じことじゃないかとも思えるけど。いずれにせよ「ググレカスと言うがググって分かる問題ならお前に尋ねる前にググってるよGoogle以上にお前を信頼してんだよ言わせんな恥ずかしい」は的を得ていて素敵だ。

Radiko iPhone公式アプリリリース

タイトルの通りです。

itunes.apple.com/jp/app/radiko-jp/id370515585?mt=8

ただし、現バージョンでは、ボイスオーバーでは放送局選択の一覧を読み上げてくれません。
早速サイマル協議会へ要望を伝えておきました。次期バージョンで対応してくれるといいですね。対応してくれないと本当に困ります。

それと、やっとうちでも、関東エリアの聴取でありながら大阪が聴けてしまう現象が解消され、きちんと関東エリアの放送局が表示されるようになりました。

RadikoとiPhoneアプリで思ったこと

3月15日から、インターネットでラジオのIPサイマル放送をやってるのは、知ってる人は多いと思う。Radikoである。

4月6日ごろから、iPhoneでも聴取できるように、個人の有志がiPhoneアプリでRadikoの聴取をできるようにしてくれた。iRadikoラジろうである。PCはいつも持ち歩いているわけでないし、手軽さという面で、Radikoが試験段階にせよ、PDAでも容易にアクセスできるようになったことは、ひじょうに喜ばしいことだと思った。ところが、早速ダウンロードして使い始めたところ、下記のようなことになってしまったらしい。

・ ふぉーんなハナシ:iPhoneアプリ「iRadiko」、radikoの“セキュリティ強化”により聴取不可に
plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1004/07/news096.html

radiko公式でiPhone iTouch向けアプリも近日リリースされるみたいで、聴けなくなるというような心配はなさそうだが、言ってることとやってることが違うというのはこういうことかと思わせる。

PCで、関東にいながら大阪の放送が聴けてしまうという現状に対
して、iPhoneで制限を設けたり、エリア外の聴取をできなくさせるという制限を設け
るとは、なんともおかしな話だと思った。

権利意識が強すぎるというのか、Radikoの本来の目的に反しているような印象さえ持ってしまった。より多くの人にラジオを楽しんでもらう、ラジオの良さをインターネットで伝える。

VAIO Type P レビュー 2/3

VAIO Type P レビュー 2/3

前の記事はこちら VAIO Type P レビュー 1/3

前の記事を書いたら一晩でその記事だけに150ぐらいのユニークアクセスがあった。それだけ関心が高いモデルなのだろうなと思った。
————————————————–

いくつか前の記事で書き落としがあった。

VAIO TypeP では BlueTooth を搭載することができる。もちろん僕も搭載した。Skypeの普及でBlueToothが一般ユーザーに認知されるようになったけど、BlueToothはヘッドセットだけではなくて、BlueTooth対応携帯電話をモデムとして使用して外出時にネットしたり、キーボードやマウスをBlueToothで無線化してワイヤレスな環境を構築することが容易にできる。だから今後のことも考えればBlueToothは迷わず搭載した方がいい。

————————————————–

キーボードは英字配列を選択。かっこよさやデザインだけで英字配列を選択しないように注意したいところ。英字配列は記号の位置が日本語配列と異なること、日本語のオン/オフの切り替えが [ALT]+[`] とやや面倒になること、エンターキーが小さくなることを考えると、普段、日本語配列でPCを使っている人にはひじょうに使いにくくなるはず。僕の場合は日常的に英字配列を使ってるので迷わず英字配列にした。

————————————————–

1つ前の記事でWindows XP並みに動作すると書いたけど、これは語弊だった。Windows XPでは512MBでも、それなりにさくさく動いてくれたけど、Vistaではメモリについてはやはり2GBでやっと前者と同様程度のパフォーマンスになるといったところ。メモリ容量だけでいちがいに判断できないが、ATOM Z540 に対してPentium M 系統の動クロックで、このような印象を持った。

————————————————–

SSD搭載モデルで十分気をつけないといけないところを1つ。それはデフラグ。デフラグって何ぞや?という人はごめんなさい、その説明はしてません。Vistaでは裏で定期的にデフラグを実行するようにデフォルト設定されてる。SSDではデフラグはディスクの寿命を縮ませる要因となることが考えられるので、スケジューリングされたデフラグを無効にしておく必要がある。ファイルマネージャーのコンピュータを開いて、そこの「ローカルディスク C」のプロパティを表示。「ツール」のタブにある「最適化」をクリック。デフラグのスケジュールのところのチェックを外す。あとはOKする。

————————————————–

VAIO Type P の評判をmixiやブログなどでみてるとデザインは非常に高評価なんだけど動作がもっさり感で購入までには至らないという表現が多かった。またディスプレイが8インチなため高解像度で文字が見にくく疲れるといった評価。この評価をみているとディスプレイの見にくさが他の部分の評価にかなり影響しているようで、そのような人は購入はしない、動作がもっさりだと書いてる人が大多数。普段 スクリーンリーダー(画面読み上げソフト) でPCを使用してる僕にはディスプレイの解像度や見にくさは意味のないことだけどアドバイスするとしたら、ディスプレイに関してはきっとユーザーを選ぶだろうなあと思った。そして大きさが小さすぎるので、電車で膝の上に置いて操作するには無理があるかもしれない。あくまでもデスクの上に置いて作業するときで、しかも外出時やベッドサイドにちょこんとおいて使用するのが最も良い使い方のように思われる。この Type P と類似したかつての VAIO Type C1 をじつは持ってるんだけど C1のときもそういう雰囲気だったように Type P も同様の使い方が想定されているようだ。僕の場合はC1を大学の授業や出かけ先で使っていた。メインPCが壊れて半年ぐらいデスクトップがなかったときは、メインPCとして頑張って動いてもらった。今はバッテリーも使えなくなり、キーもへたっていることもあって静かに物置で眠っている。

————————————————–

昨晩、いろいろとセットアップしてたら急にキーボードが認識しなくなった。キーボード系のプロパティをコンパネでいじっていたからだと思ってるけど、システムの復元や、いじった箇所の関連で何が原因だったのかよくわからず、まあいいやとリカバリーをかけた。

もう少し次号へ続きます。