視覚障害者とコンピュータゲーム (MISONO Blog)

一つ前の記事では将棋についてエントリーしましたが、こんな記事もありました。

・WIRED VISION – ニュースアーカイブ – 眼が不自由でも楽しめるゲーム、種類が増え高品質に

WIRED VISION – ニュースアーカイブ – 音だけで楽しむ視覚障害者用のパソコン・ゲーム『ドライブ』
↑こちらは使ったことがあります。リアルなサウンドがけっこうよかったですね。

海外の方ではけっこういろんなゲームが視覚障害者に使えるように工夫されているみたいですね。

そのほか国内でもいくつかあります。
members.ld.infoseek.co.jp/katsu43/play/game.html
↑こちらのサイトは知ってる人は知ってる隠れたゲームの置き場。

tfusvsun.tfu.ac.jp/mko/index.html
↑こちらはおもしろい取り組みですね。

pcvol.exblog.jp/i3/
↑やってみたいなと思いました。

www.niji.org/
↑このサイトの「FAQ」のところにゲームの紹介があります。

www.pcyam.com/toppagedata/game/sudoku.htm

そのほかグーグルで検索してみるとけっこうあるものです。

検索してみる

画面読み上げソフトで将棋を楽しむ方法

先日ある高齢者の方から「パソコンで視覚障害者が使える将棋ゲームはないか?」ときかれました。調べてみたところ、同じようなことで既に調べていただいていたみたいで、この業界では超有名人の小山先生のページでまとめてくださっています。

・将棋ソフトの視覚障害者利用法
siva.cc.hirosaki-u.ac.jp/usr/koyama/syogi/

そのほかの情報があれば、ぜひ教えてください。

文頭で書いたある高齢者の方ですが普段どうしているのかときいたら、携帯のメールで相手とやりとりしているそうです。メールで1手1手交換しているとのことです。ちょっとすごいですよね。頭で全てイメージしてゲームしているんですよね。