秀丸メールでのメール受信時の着信音の設定

先日、自宅のPCをリカバリーしたときに秀丸メールをインストールし、メールの受信をしたら、受信完了時にメールの着信音が聞こえないことに気がつきました。
秀丸メールは、インストール直後のデフォルト設定では、メールを受信したときの着信音は鳴らないようです。そこで、この設定を説明します。
まず、英丸を起動させます。メニューの設定をクリックし、全般的な設定をクリックします。
そうするとツリービューで設定項目が展開されます。各設定項目への移動はこのツリービューで上下カーソルによって操作します。
下カーソルで、送受信と読み上げるところまで移動します。その後、タブキーを押していくと「何か受信したときに音を鳴らす(&U)」というチェックボックスがありますので、このチェックをつけてください。チェックをつけるにはスペースキーです。
次に、タブキーを押します。すつろサウンドのエディットボックスがあります。ここには何かメールを受信したときのサウンドファイル名を記入するようになっていますが、手でパスを入力するのは大変ですから、もう一度タブキーを押して、参照ボタン(ピリオドと読み上げる)ボタンに移動します。そうするとファイル選択のダイアログが表示されます。
ダイアログの操作は通常のWindowsのダイアログ操作と同じなので、ここでは割愛します。
Windows標準の各種サウンドファイルは、通常は C:WIndowsMedia にあります。たとえば Windows XP デフォルトのメール着信音にしたい場合には、 C:WIndowsMedia のなかにある Windows XP Notify.wav を選択します。ちなみに旧Windowsのメール着信音は notify.wav です。
音の確認は、ファイルを選択した後、開く(&O)を押し、ダイアログを閉じてから「テスト」をクリックします。
設定が終わったらOKボタンを押します。

以上で、定期受信の際や送受信系のコマンドを実行したときに何かメールを受信すると音でそれを知らせることができるようになります。

新検索エンジン「Cuil」公開、1200億ページをインデックス化:CodeZine

新検索エンジン「Cuil」公開、1200億ページをインデックス化:CodeZine → codezine.jp/a/article/aid/2867.aspx

元Googleの社員らが立ち上げた米Cuil社は28日、新検索エンジン「Cuil」を公開した。約1200億のウェブページをインデックス化しているという。また、Webクローラー「Twiceler」の情報も公開されている。

やるなあ 君たち。詳細は上記リンク参照。

ひかりTV-光がテレビをかえてゆく

「ひかりTV」は今年4月からスタートしたサービスです。ひかりTVのポータルサイトはこちら

以下は bb.watch.impress.co.jp/cda/news/21193.html からの引用。

————————————————–
 ひかりTVは、「4th MEDIA」「オンデマンドTV」「OCNシアター」といったフレッツ向けの映像配信サービスを統合した新サービス。NTT東日本のBフレッツ、NTT西日本のフレッツ・光プレミアムとBフレッツに加え、NTT東西が3月末からサービスを開始するNGN「フレッツ 光ネクスト」向けにサービスを提供する。
 サービスは多チャンネル放送とオンデマンドの2種類で、多チャンネル放送は全体で75チャンネル、オンデマンドは10,000本以上のラインナップを用意。多チャンネルは40チャンネル、オンデマンドは約5,000本を見放題対象とする。なお、サービス開始当初はオンデマンド総数が70,000本、見放題対象4,000本からスタートし、7月をめどにラインナップを拡充する。
 フレッツ・光ネクストのユーザーには、地上デジタルのIPによる再送信も提供。サービス提供エリアはフレッツ・光ネクストに順次、東京・大阪より再送信を開始する。このほかカラオケサービスも夏頃に提供を予定。新曲から懐メロまで約13,000曲を取り揃える。
 料金は初期費用が5,250円で、オンデマンドの見放題プラン「ビデオざんまいプラン」、多チャンネル放送の見放題プラン「テレビおすすめプラン」がそれぞれ2,625円。両プランをセットにした「お値うちプラン」も3,675円で提供する。見放題対象外のチャンネルやオンデマンドを視聴するには別途料金が必要になる。
 このほか月額費用としてチューナーレンタル料525円が必要。夏に開始するカラオケサービスは24時間525円、月額1,785円。
 現行の「4th MEDIA」「オンデマンドTV」「OCNシアター」には、当面は現在のブランドでサービスを提供し、今後はひかりTVへの移行を促す。ひかりTVへの移行を希望する場合、現行サービスと類似するひかりTVの各プランへ移行し、2008年12月までは移行前のプラン料金で課金する。STBは交換が不要な製品と必要な製品があり、不要な場合はファームウェアで対応。必要な場合は5月以降順次チューナーを交換する。
————————————————–

 E2BYスカパーとは異なるサービスです。あくまでもFletsの光回線(ひかり)向けのサービスであることに注意してください。スカパーのアンテナをつけても入りにくい地域や、光回線でもスカパーをみることができないユーザー向けのサービスと思っていいと思います。申込はインターネットから可能です。
 チューナーの接続は、フレッツのルーターとをLanケーブルで接続し、チューナーとTVをHDMIケーブル(デジタル対応の場合)かオーディオケーブル?(アナログの場合)を接続します。電源はACアダプタから供給されます。若干チューナーの置き場所に苦労するかもしれません。

 我が家でも6月から導入しています。もっとも、見るチャンネルといえば キッズステーションどっとこむANIMAX ぐらいなもので、いつでもアニメをみることができる幸福感があります。
 最初はビデオプランにも入っていたのですが、思っていたよりもコンテンツに面白そうなタイトルがなく、すぐにこのプランを解約してしまいました。今後、ビデオタイトルについても順次増強していくとのことですが、よく考えてみれば、我が家では TSUTAYA DISCAS 宅配DVD-CDレンタル|ツタヤ ディスカス のレンタルサービスを使っていますしいいかなと。

 毎日、アニメが見られる幸せ!