八ツ場ダム 国交相との意見交換会、住民側ボイコットへ

なんでボイコットするのだろうか。この場合のボイコットは権利の行使ではなく権利の放棄だと思う。
既に中止の方向へ進んでいるから意見交換会に参加しない、という思想は、大人の考えることじゃない。中止の方向に進んでいるからこそ意見を伝える重要性が高いはずなのに、この住民の人たちは何をはき違えてしまったのだろう。

・ 八ツ場ダム 国交相との意見交換会、住民側ボイコットへ
URL    : http://www.asahi.com/politics/update/0922/TKY200909220147.html
公開日時  : 2009年 9月 22日(火曜) 18時 45分

> 群馬県長野原町の八ツ場(やんば)ダムについて、23日に予定されている前原誠司国土交通相と地元住民との意見交換会に、住民側が出席しないことになった。高山欣也町長は22日、朝日新聞の取材に対し「中止前提の話し合いには参加しない」と話した。