ペット:ネット取引は対面説明義務化 夜間の店頭展示禁止

mainichi.pheedo.jp/click.phdo?i=f13bca674afbb65165dd4d2dac35711b

被災した犬猫やNPOが預かっている犬猫を支援している一人ですが、このような法制度がきちんとできてくると一人でも多くのペットを救いたいと考えている一人として大変うれしく思います。

以下一部引用。

ペットブームの中、飼い主に捨てられて行政機関に収容される動物は後を絶たない。行政機関からNPO法人に引き取られた動物たちは新しい飼い主との出会いを待っている=佐々木順一撮影 環境省は20日、ペットのインターネット販売について、業者と飼い主に現物確認や対面での説明を義務づけ、ネットのみの取引を禁止する方針を固めた。また、ペットに与えるストレスを考慮し、午後8時以降に販売目的で店頭展示することも禁止する。環境省は、来年の通常国会でこれらの項目を盛り込んだ動物愛護管理法改正案の成立を目指す。

OS X Lion ボイスオーバー 関連のインプレ

ここにも書き残しておきます。

出ましたね。早速インストールしました。

日本語のぼいすオーバーに関しては標準で「キョーコ」という音声が搭載されて
ます。これはiPhoneの日本語音声と同じものです。音声も読み方も、ごっそり
iPhoneのものを持ってきたという印象です。

ボイスオーバー・ユーティリティからダウンロードできる日本語音声は同じキ
ョーコさんの高音質版です。なので標準で搭載できる日本語音声は音色は一種類、
種類は2種類ということになるでしょうか。高音質のキョーコさんは、肉声に近
い音色をもっています。日本語ボイスオーバ環境が飛躍的に安定しレパードまで
のDTalkerのときのちょくちょく音声が落ちるといった状態はなくなりました。
しかし、漢字の詳細読みはできません。これは前にも述べたとおり今後を待つこ
とになるでしょうか。

漢字や英語の読み下しはiPhone並です。これは残念です。

特に漢字は読み上げが対応していないと漢字コードを読んでしまったりします。
ボイスオーバ・ユーティリティから読み方を登録できるので少しずつ自分で改善
できたりするのかな。一括して登録できたりすると良いのでしょうけど、まだそ
こまでわかりません。

英語や漢字の読み下しは断然、現状はDTalkerとなります。

DTalkerですがLionに対応したアップデータが公開されています。こちらも適用
してみましたが、ドックでの操作で不安定になる以外は、今のところは前よりも
安定動作していますね!
しかもLionで漢字の変換ウインドウの候補リストをボイスオーバ・コマンドで安
定して詳細読みできるようになっているので、かなり実用的になったと思います。
もう少し安定性が向上すれば、ほんとに助かります。DTalker Ver4とかで新たに
購入してもよいので次のアップデートでさらによくなってもらえるとありがたい
なと思っています。ちょっと今回気がついたのですが、DTalkerの音声出力ボリ
ュームが標準搭載されているボイスオーバよりも大きいですね。もしかしたら、
不安定の原因の一つは、音声出力ボリュームが高すぎるとスピーチ・マネージャ
が音声を切ってしまうということはないでしょうか・・・。実際ボイスオーバ・
サウンドなどではそういった自動的な音量カットが行われることがあるように思
います。

そのほかボイスオーバ本体についてですが、ボイスオーバ・アクティビティが機
能的に優れているなと感じたこと、ボイスオーバによるドラッグ&ドロップがひ
じょうにやりやすくなったこと。ドックのD&Dも簡単にできるようになり便利で
す。
Lionで追加されたLaunchpadはiPadと同じ感覚でMacを操作できていいですねトラ
ックパッドと組み合わせるとそれこそiPadです。あとMailはユーザ・インタフェ
イスが刷新されています。ボイスオーバで慣れるまでちょっと工夫が必要かも。