「自転車は車道」徹底へ 警察庁、歩道の通行許可見直し

朝日新聞に、
「自転車は車道」徹底へ 警察庁、歩道の通行許可見直し
という記事が掲載されていました。

視覚障害者の常用する白杖が自転車の車輪に挟まれたりして折られるといったことが続発しています。白杖が折れてしまうと歩くための手がかりを無くしてしまい白杖がない状態で歩くのは大変危険です。そのような事故や危険を未然に防ぐための一助となることを願っています。

記事の内容を一部引用します。

ここから —-

 警察庁は25日、これまで自転車の通行が許されていた一部の歩道のうち、幅
3メートル未満の歩道は許可しない方向で見直すことを決め、全国の警察本部に
通達を出した。歩行者との事故を減らすのが目的で、通行できる歩道でも悪質な
例は交通切符を切って厳しく対応するよう求めている。規制強化の一方で、自転
車道を新設するなど環境の整備も進める方針だ。

ここまで —-

全文は下記のアドレスでご参照ください。

www.asahi.com/national/update/1025/TKY201110250565.html