2021年に始まる地球大変革、2050年の世界とは 多次元インターネットが成立、日本が改革の旗手に(1/6) | JBpress(Japan Business Press)

経営者層やマネジメント層など、日本の未来を創るビジネスリーダーのための総合メディア。国際情勢、最新ビジネス動向、イノベーションなどに関する深く本質的な論考を毎日更新。コロナ禍は世界と日本の変化を加速する。2050年の世界と日本を大胆に予測してみた。いまは2050年である。2020年から始まった激動と混乱の時代がようやく終わり、新しい世界秩序が始まった。植民地支配の時代の1914年の第1次世界大戦から自由貿易が開始された1945年の第2次世界大戦の終結までの30年間を上回る変化が起きた・・・。(1/6)
— 読み進める jbpress.ismedia.jp/articles/-/63623

千葉県浦安市広報紙に掲載された視覚障害者 佐藤尚美さんのインタビュー

エメラルドサポート株式会社 代表取締役
佐藤尚美さん

働き盛り、突然の失明
42歳のとき、病気が原因で失明しました。生産性のない自分に落ち込み、うつにもなりました。

家族の支えと生活の変化
仕事が忙しいのに、毎日終電で帰ってから、翌日の私の朝食と昼食を作る夫。部活動を辞め、夕飯の材料を買って帰宅する、当時高校生だった娘。世話をしてくれる家族に申し訳ない気持ちでいっぱいで、死ぬことばかり考えていました。

死を決意した翌朝
「明日死のう」――そう決意した翌朝、夫は時間になっても家を出る様子がありませんでした。娘も、出ていく様子がありません。突然、体が宙に浮いたような気がし、気が付くと、私は夫に抱きしめられていました。「つらいだろうけど、一緒に生きてほしい」私は、「生きてていいんだ」と思いました。娘も飛び込んできて、「ママと一緒に生きたい」そこから、家族のためにできることをしようと、少しずつ家事を始めました。

挫折を乗り越え、アメリカへ
市が主催する障がい者を対象とした海外研修事業で、米国バークレーの自立生活センターを訪問しました。そのとき、同じく中途失明者だった所長さんと話す機会をいただき、私は「もう社会復帰はできない」と話しました。すると、所長さんはこう言いました。「障がい者は人の助けを借りてでも、自分のこうしたいということができれば、それが自立。尚美、日本に帰ったらおやりなさい――」

障がい者の自立のために
帰国して1カ月、周りの協力を得ながら、浦安になかった視覚障がい者の会を立ち上げました。そのほか、障がい者のための異文化交流の会や、文章の書き方を学ぶ会を創設。支えてくれた家族や周囲の人への感謝の気持ちを社会に返したいと、訪問介護や障がい者支援のサービスを提供する会社も設立しました。それぞれには、宝石の名前を付けています。「人間は一人ひとり宝石を持って生まれている。目が見えなくても、一人の人間として、個性という宝石を輝かせながら生きていきたい」そんな思いを込めています。

これからの夢
今後は、目の見えない人の気持ちに寄り添った、心の通うデイサービスを届けたいと思っています。また、視覚障がい者など、情報の入手が困難な方のための、“情報支援センター ”を市内に作りたい。一人で寂しい思いをしている人のために、みんなで集まれる場所を作りたいですね。
外見からは分かりづらい障がいを抱えている方も多く、聴覚障がいや内部障がい、高次脳機能障がいなどの脳障がい、難病や認知症などは、外見で判断できません。また、発達障がいはコミュニケーションの場面で困難さが現れやすいため、周囲の理解と支援が必要です。

2 No.1159 2020年(令和2年)12月1日号「広報うらやす」が市ホームページでご覧になれます
www.city.urayasu.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/008/549/koho1159_1-3.pdf

iPS視細胞、世界初の移植を発表 神戸の病院 – SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って光を感じる「視細胞」のもとになる細胞を作り、「網膜色素変性症」という目の難病の患者に移植し治療する臨床研究について、神戸市…
— 読み進める www.sankeibiz.jp/smp/econome/news/201016/ecb2010161857002-s1.htm

ロービジョンの症状は人それぞれ 当事者の漫画家が「ありえない」レビューに異例の意見表明 – Yahoo! JAPAN

何らかの原因により視覚に障害を受け「見えにくい」「まぶしい」「視野が狭い」など、日常生活に支障のある状態を示す「ロービジョン」。 そのロービジョン主人公を描くWEB漫画に「障害の描写がありえない」とのレビューが寄せられ、 – Yahoo! JAPAN
— 読み進める article.yahoo.co.jp/detail/d4119fbb00fd583e796f8517ff0165b2d8c9accb

目の見えない人になんて声をかけますか?コロナ禍での安心な誘導法とは… (1/1)| 介護ポストセブン

今年7月、東京・阿佐ケ谷駅で1人の視覚障害者がホームから転落し、電車にはねられて死亡する事故が起きた。周りにいた人がひと言、声をかけていれば悲劇は防げたかもしれない。  目が見えないということの大変さを、私たちはどれだけ知っているだろう。それは決して他人事ではない。目の見えない人が生きやすい社会は誰もが生き (1/1)
— 読み進める kaigo.news-postseven.com/84909

企業に「在宅7割」要請へ 大人数会合自粛を―政府:時事ドットコム

西村康稔経済再生担当相は26日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者が全国的に増加している現状を踏まえ、各企業が社員のテレワーク率70%を目指すよう近く経済界に要請する考えを明らかにした。飲み会を含め、大人数の会合を控えることも求める。
— 読み進める www.jiji.com/sp/article

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。